ウナギは一向に違う。

暑い盛りになるとスーパーマーケットの魚売り場にたっぷり売るウナギ。

確かに食欲をそそります。も、源の欠損が気になります。

それにそもそも、日々高くなって、「土用の丑の日だから」という気軽に選べるお額面ではなくなってきました。

なのでバリエーションのものがないか、と、考えて、試しにイワシで作ってみることにしました。

イワシを開いて骨を取って、片栗粉をまぶします。イワシは胸といった腹を開けば、あとは手で簡単に開けるので楽ちんです。

フライパンに油を引いて、イワシを焼き、そこにたれを絡めます。

たれはしょうゆ、酒、みりん、砂糖、それにイワシは臭みがあるのでしょうがを入れました。

フライパンにふたを通じて、蒸しながら別途ひっくり返して、アッという間に火が通りました。実に簡単に、ふんわりした蒲焼ができました。

当たり前の話ですが、食べるって、これはこれで美味しいだ。引き取り手にも好評でした。

も、イワシのフレーバーはしっかりしているので、ウナギは一向に違う。

うまいのでお手軽な惣菜として再三テーブルに出したいは思ったけど、丑の日に差し出したら引き取り手にいやがられみたい…。

から、丑の日に少ない魚を鳴らす、という私のスキームは振出しに戻ってしまいました。

丑の日はもうすぐだ。さて、どうした産物です…。
出会い系を横浜使うならアプリが熱いらしい