オペレーション後は悲しいリハビリ

70お代後半のご近所の女房はダディを亡くしてから原野ゴルフにのめりこみました。

時折泊りがけで遠征にも出掛け、悪天候もコンペティションがあればおにぎり携行で休まず参加します。行程は短いものの日々のジョギングまでしています。

だが去年、住宅の玄関で転んで膝の皿が4つになるほどの重傷を負います。ふと通りかかったわたしが至急自家用車を呼び、医者まで付き添いましたが年も年だ。

とっくに歩けなくなるのではないかとプレッシャーしました。オペレーション後は悲しいリハビリがあり、1時代後には再オペレーションもあります。

しょ思いていらっしゃるだろうと思いながらお見舞いに行くと本人は意気軒昂で、ナースさんも驚くほど熱心にリハビリに取り組んでいました。

それもこれも原野ゴルフに引き返したい一念だ。

も、正直に言うと年を考えれば杖が必要なやりくりになると思いました。

退院後は内部でリハビリを頑張っていましたが、見物は厳しくてゴミキャプチャー所への往復ができるようになるまで月額上記かかりました。

その後は少しずつ行程を伸ばし、再び3ヶ月が超えるうちには元気なわたしさえバスによるほど遠いところまで歩けるようになりました。

そうして念願の原野ゴルフにも引き返して、今は2泊3お天道様の遠征センターだ。

本来であれば膝に埋め込んですメタルを除くための再オペレーションをこれからやる折ですそうですが、コンペティションのスケジュールがあるので延期していると聴き驚いている。

根っから鍛えていたので骨や筋肉の状態も良かったのでしょうが、生きがいがある素行の素晴らしさを目の当たりにし、私も何か見つけなくてはとしている。
出会い系を三重使うならアプリが熱いらしい