チヌやメッキ

私の自室に保管して起こるソルトルアー用のロッドは料金10文献身の回り。

その多くがチヌやメッキを始めとした輝きロッド、それほど長さを食べるものでは無いのですが、さすがに総数で10文献身の回りとなれば、とっくり収納見込める手狭といったいよいよ釣行というらなって大変です。

始めは1本1本別々に保管して関するロッドスタンドを自作し利用していたのですが、逐一1本ずつ管理するのは重圧が溜まった時折流石に手数。苛苛しながらメンテナンスしていたら単なる被害で折損してしまいかねません。

そこで思い付いたのが傘立ての様な長いボックスパターンのロッド立て。

これなら一部始終1箇所にまとめて立てる事も可能ですし、釣行後半水洗いして乾かしてさえおけば、全てのロッドをこういうスタンドの中に適当に放り込んでおけば満載といった姿。

直ぐに適当に図面を引き、身の回りのホームセンターで木材を購入し作り上げたのは高さ1メートル・始まりが40センチ界隈の傘立てから2移りほど大きな寸法のロッドスタンド。

試しに手元にあるロッド一部始終を入れてみましたが、まるで綺麗に鎮まり文句無しのフレキシビリティ。

特定のロッドを出したい時にもたちまち残せる丁度良い高さで、これなら長く愛用してゆけるでしょう。

使い勝手を考えれば、販売よりも自作のアイテムの方がはるかに利便性が著しいに関してもあるのです。
出会い系を香川使うならアプリが熱いらしい