初夏シーズン。

隣家の川からシーバスのビジュアルが徐々に消え、上述と移り変わりに大型のチヌが大挙して川に入って訪れるのは年々6月から7月にわたっての初夏シーズン。

それらのビジュアルは毎年ランニングで橋の上から川面を覗いても直ちに確認出来るあたり。ですが今季に限って、8月近くになってもそのビジュアルがさほど見られず、結構心配になっていらっしゃる。

年々初夏のシーズンインに合わせ、マキシマムプラグ用の燈火タックルを準備して要る私なのですが、今年はチヌのビジュアルの少なさに戸惑いを隠せないでいらっしゃる。

年々はいまや盛んにポッパーにアタックしてくるチヌ釣りを満喫出来るのですが、今季に至ってはまったく一撃は数える程しかなく、その乏しい状況も改善される兆候が無いのです。

最近のウエザーが北によっての特有で想像以上に涼しく、蒸し暑い空模様を好むチヌらにとっては良い条件でなかったのは安心でしょう。けれどもここまで数量が少ないという他の要因を考えない趣旨にはいきません。

それらの進め方がスッキリするまでは当面チヌ釣りは控え、他の釣魚で惑わし惑わしシーズンを見せるによって企画がなさそうな気分。

また数週間経過すれば状況が丸ごと好転するかも知れませんし、シーズンの最後まで諦めず、我慢してあかす心づもりでいらっしゃる。
出会い系を埼玉使うならアプリが熱いらしい